当社では様々な施工技術の中でも基礎地盤工事を大切にしています。

ハウジングアイチでは、住宅に必要な頑丈さを求め続けています。日本は地震が多く、揺れに対する強さにおいて、基礎工事は最も重要な技術です。日々、独自の研究と業界での見聞を広げる中で、確実な考え方や技術を採用してきました。揺れに強く液状化対策に適した基礎として、耐震分野において様々な実績を持つソイルバッグ工法は私たちが自信を持って施工する技術です。

ソイルバッグ工法とは、松岡元(まつおかはじめ)名古屋工業大学名誉教授が研究する地盤改良含む基礎工事に活用できる理論です。

これまで災害時に同工法で施工されたものだけが倒壊せずに残ったことから、NHKなどマスメディアで報道されています。また、現在進行している施工実績も複数あります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

1.

スクリーンショット 2019-02-09 23.20.06.png

私たち株式会社ハウジングアイチでは、松岡元教授が主宰するソウルバッグ工法に関する研究会に参加し、より詳細な技術を学びながら、より安全な住まいの建築を目指しています。
写真はその勉強会に出席した際に撮影したものです。左から2人目に松岡教授、右となりが当社の建築士、大塚慎也です。

2.

2015年6月8日(月)、NHK「ほっとイブニング」にてソイルバッグが紹介されました。

軟弱地盤も強くする新型土のうの原理が簡単に説明され、様々な事例や実験VTRなども放映されました。

© 2018 by 住まいの建築・リフォーム株式会社ハウジングアイチ 西尾市桜町奥新田2-5 中京テレビハウジング西尾内 センターハウス2階 0120-988-216